脂質異常症のリスクが高い人は?

脂質異常症はコレステロール値が発症の基準になっているため、発症リスクは生活習慣と密接な関係があります。
まず、最も大きな発症リスクとなるのが、高カロリーや高脂肪な食生活が中心な人です。
例えば、コンビニのお弁当やファーストフードを食べる機会が多い人は、高カロリーかつ高脂肪な食生活になりがちです。
さらに、コンビニのお弁当やファーストフードはトランス脂肪酸を多く含むショートニング業務用油が使用されているため、脂質異常症のリスクが一層と高まってしまいます。

また、アルコールの摂取量が多い人も脂質異常症のリスクが高くなる傾向にあります。
アルコールは肝臓で分解されますが、摂取量が増えてしまうと分解の際に合成されるコレステロールも増加してしまうのです。
つまり、体内でコレステロールが余ってしまうため、脂質異常症のリスク増大に繋がります。
コレステロールの摂取量は食生活で制限できますので、日ごろの食事習慣を見直してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました