生活習慣病に関わる4つの要素とは?

生活習慣病に主に関わってくる4つの要素として「食事・運動・喫煙・飲酒」が挙げられます。
これらの要素について不摂生が多いほど、生活習慣病のリスクが高くなります。
最も生活習慣病へ密接に関わっているのは、日ごろの食事内容についてです。

例えば、毎日の食事がファーストフードやレトルト食品など味付けが濃い物が続いていると、どうしても脂肪分の摂取量が増えてしまいます。
さらに塩分の摂取量も増えてしまいますので、生活習慣病を引き起こす原因になりがちです。

また、喫煙や飲酒も生活習慣病の天敵です。
喫煙や飲酒は長期間に渡って摂取が続く人が多く、慢性的なリスクとして抱え続けることになるためです。
飲酒は適正量を守って摂取すれば問題ありませんが、喫煙は悪影響が高いため禁煙が必要です。
このように、生活習慣病は日常生活の中に発症のリスクが存在しますので、自分の生活スタイルをきちんと見直して予防に努められるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました